和ム事ツレヅレニ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
テレビ番組の良識って…
どうせくだらないに決まっとる。
そう思ってたなら、何故観る。
そして、何故文句を言う。

そう思います。
思いますけども、あまりにも稚拙過ぎる内容だった為に、腹が立ってしまいました。

『天才ダビンチ最大の謎と秘密の暗号』。

映画公開の初日に便乗した、もうヨセヨセの番組でございました…





『ダ・ヴィンチ・コード』に乗っかったなら乗っかったらで、ダヴィンチ一本に絞れよ…

ってのが、まずひとつ。
あれもこれも…って欲をかき過ぎて、何一つだって整理つかずに、そのまま終了。
ひどい構成だった。

ダヴィンチの残した絵画から、キリスト教をアプローチしたなら、まだ分かる。
興味深いね、面白いね、本当の所は、どうなんだろね?
それで済ませる事が出来る。
でも、ルルドの泉やらサントマリードラメールやら聖杯伝説やら、ダヴィンチと一体何の関係が?

せっかく『モナリザ』や『最後の晩餐』を3Dに起こしたんだから、ソコからもっと面白い事出来たでしょうに。
あぁ勿体ない。
小説の内容を、焼き直して説明するだけで、本当に勿体無い使い方。
もっと『ダヴィンチコード』から離れて、モナリザの他の謎にもスポット当てたりとか、出来なかったのか…
アホか。つの。

何がたまらないって、
キリスト教の女性蔑視の問題を、ダヴィンチで全部語ろうとしている姿勢が、ね。
数字取れれば何やっても良いってモンじゃないでしょう。
そんな簡単なモノではないでしょう、宗教って。
ホント、こんなくだらないモノを公共電波使ってやっちゃって、敬虔な方から怒られますよ?って。
テレビを作る人には、知性と良識っつーモンをもっと意識して欲しい。
呆れ果ててもう。

マグダラのマリア、黒い聖母の辺りは、キリスト教会の中でも、意見が別れる問題だと聞きます。
それを、ひとつの小説だけで、事実はコレだ!と無責任に面白可笑しく、さも真実っぽくまとめてしまうのは、本当にどうかと。
コレはあくまでも、数多の説の中の、ひとつに過ぎないのだから。

荒俣先生にも、たまにこうゆう愚にもつかない俗っぽい番組出てるけど、良識を問いたくなってしまいますね。
そら、良いお金になるんでしょうけども。
レベル低過ぎだっつの。


…それにしても。
テンプル騎士団っつーのは、何でかケレン味あるキリスト教モノの話となると、いつも決まって持ち出されてしまうのは、何故?;
まさかまさか…って思ってたら、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

って感じ(苦笑)
もうアレですか?
何か謎があったら、取り敢えずテンプル騎士団の所為にしとけ、って暗黙の了解みたいな感じなんですカ???

『聖杯が盗まれました!』

ヤツらが隠したんぢゃ。


『聖槍がなくなりました!』

ヤツらが燃やしたんぢゃ。


『聖骸布が変っぽいです!』


ヤツらが細工したんぢゃ。


…って感じ?(笑)

インディ・ジョーンズで育った世代なんで、つい聖遺物っつーとヤツら(あとナチスもな/笑)が絡んで来る、ってのは薄々感じてはいたんですけど。
まぁでも、シオン修道会?が出て来ると、ダヴィンチと全然関係ないワケじゃあないですからね…うーむ。

あぁ、段々何が言いたいか、分からなくなってきてしまったんで、この辺で。

『ダヴィンチコード』は確かに面白いけど、ダヴィンチ、それからモナリザの謎や、それにまつわるイロイロな説は、他にも沢山あるから、そうゆう所ももっといっぱい紹介してくれたら良いのに…
ブームも良いけど、ついそう思ってしまう今日この頃。
[PR]
by aruroco | 2006-05-21 02:45 | 日 々 徒 然